子育て3人、おうち暮らし☆たぬき流の生き方

のんびり生きましょうwww.tanuki3838.work

たぬきさんの自己紹介☆体調やその他について

はじめまして(^^)

 

こちらのページまで観ていただきありがとうございます。

 

私は双極性障害という病名で病院に通っています。

診断されてから4年くらいになるでしょうか。

 

当時の体調を例えると、インフルエンザくらいしんどかったです^^;

 

今は、普通の風邪くらいの体調の悪さです。

 

家事もままならないですが、周りの助けがあれば自宅の中で過ごしていける。

その程度です。

 

外出できそうなときは、リハビリを兼ねて子供の塾への送迎等しています。

 

うつ病と違い、双極性障害は時々ふと体調が良い日があるのです。

もう治ったんじゃないか☆となるのです。

 

なので、ブログでは元気そうに見えることも多いと思います。

 

2018年のブログでは、リアルタイムではなく体調がましなときに、取り溜めした写真で過去のことを書いている、ことも多いです、実のところは。

 

ですのでブログではとても元気そうに見えます。

 

けれども、そういう時は楽しいという気持ちになるというよりは、人の気持ちに敏感になっていたり、極端に怖がったり、怒りが沸き起こってきたり。

 

元気そうだから元気、というわけではありません。

 

また、一般的に双極性障害の説明として、うつ状態の時と躁状態が波のようにやってくる、と言われていますが実際は少し違うように思います、実体験として。

 

まだ把握しきれていませんが、うつ状態の波と、ハイな躁状態の波と、体調の波とがそれぞれ波打っている感じがするのです。

波が三本ある感じです。

 

うつ状態でもありハイな状態でもあり体調が悪い、ということもありますし、うつ状態だけど体は元気で動ける、こともあります。

 

なので、同じ双極性障害といっても人によって、その波の癖のようなものがあるのではないかなと思っています。

 

ですので、双極性障害の診断は難しいものがあると思います。

 

 

心の中のことはこちらも参考になるかと思います。

 

www.tanuki3838.work

 

双極性障害という病気になり、人生が変わったと言っても大げさではありません。

 

病気のことを個性だ、というと、気分を害する方も多いとは思うのですが、私自身は個性と思ってもらえるととてもうれしく思います。

 

双極性障害は、遺伝的な要素が大きく、この病気は生まれた時に私が持ってきたものなのです。

 

この病気を否定することは、私自身を否定することにもつながります。

 

おそらくブログでは、普通の日常を記入していきます。

 

その影で、上記ブログのように体調と戦っていることも知ってもらえると、とてもうれしいのです。

ぜひ、後でも結構ですので上記ブログに寄ってみてください。

 

精神病は目に見えません。

ふとしたことで、傷つくこともあります。

 

どうか、想像力を持って。

 

自分以外の人間の裏側を、イメージしてほしいのです。

 

これからも、よろしくお願いします(^^)