頑張れママの気楽にのんびり子育て☆たぬき流の生き方

のんびり生きましょうwww.tanuki3838.work

ちょっと重いまじめな話。双極性障害で障害年金もらって公務員辞めた(><)2018年「たぬき流の生き方」

こんにちは、たぬきです✩

2018年、年末

いつの間にやら12月31日

例年バタバタとしているのですが、今年は何やらのんびりと過ごさせていただいております。

子供の頃のように、季節やイベントに心動くことも少なくなりました。

小さいころは、雨が降っただけでも、雨と土の匂いの気持ち、になりました。
お出かけの帰りには、帰路の車の中から月を見るときの気持ち、になりました。

名前の無い、いろんな気持ちが、感じられなくなって来たのは寂しいようにも思います。
そして、今日にも思い出が消えて行っているのが悲しく思います。


同じ気持ちで過ごす大切さ

年末の一区切り終わる前の感じ、多くの人が感じていることと思います。
多くの人が同じ気持ちで過ごす。
これはとても大事なことです。
同じ言語を話し、同じ年号を使い、同じ時間単位で過ごす。
私たちは、共通認識のある、地球の中のわずかな人間です。

違いを尊重することも大事、そして同じ部分を持っていることも大事。

お互い思いやりながら過ごしていきたいものです。


ブログについて

今年は、4月の初めからブログを書き始めまして、ぼちぼちながら続けることができました。


スターやブクマありがとうございます。
はてなブログ以外からも少しずつアクセスを頂けるようになりましたが、それでも読者登録してくださる方はとても大事です。

ブログの更新時間が不定期な上、深夜更新が多いので更新情報も埋もれていると思いますが、それでも見に来てくださって本当にうれしく思っています。

ブクマの方へのコメントもちゃんと読んで、気持ちを込めてスターを返しています。

ありがとうございます。
返せるものがあまりないのですが、ブログを始めてよかったなと年末にひしひしと思っているところです。


また、最近ではツイッターの方も楽しませていただいています。
こんなに、楽しい世界があったのかと、心に温かさが広がります。
ありがとう。

今後のブログについて

これからのブログをどうしていこうかなと考え中です。

ネットに自分のことを書いて、もし知り合いに見つかったら。
という恐怖はいつも付きまとってきてしまいます。

しかし、当たり障りのないブログで良いものかとも思います。

思いつきですが、今から私の現状を書いていきたいと思います。

双極性障害という病気を持っています

実を言いますと、私は双極性障害という診断名で病院に通っています
元々体調が良くなく、仕事を休職している状態でブログを始めました。

少しでも収入源になるものを持たなくてはと思ったからです。

それは私にとって大きなことで、生きる方向を向いている証明であり、自分自身驚くものでした。


体調不良とは、頭痛めまい吐き気や脱力感など、そしてもう自分の人生を終わらせたい気持ちが湧いてくることです。
精神的な病気をもとに、毎日薬を飲みながら過ごしています。


初めてのブログ記事です。
www.tanuki3838.work

感情を抑える薬は、悲しみや辛さを抑えると同時に、喜びや楽しみも感じにくくなります。
それは霧の中にいるような、耳をふさがれたような世界。

桜の木を見たときに、何も感じなかった時に、ため息が出ました。
綺麗、なんだろうな、と思ったからです。
綺麗だ、美しい、好きだ、そんな気持ちの無い世界は本当に灰色の世界です。

体調不良の中でブログを書くということ

そんな中での、少しでも感情が楽しいと感じたことを楽しそうに、ブログを書いてきました。
体調の良い時に出かけた時には、ここぞと記事を書きました。

ブログを書いているときに思うのは、これを将来、子供たちが見るだろうということです。
体調が悪いことは、書かない方が良いのではいか、と頭をよぎるのです。


正直、今日生きるのが精いっぱい、という状況の中。
もう今日で人生終わりにしよう、と思う朝を繰り返して。
ブログを続けている意味があるんだろうかとも思うことがありました。

自分がいなくなることばかりを考える人間はこう思います。
できるだけ人との関わりを減らしていこう。


自分がいなくなった時の悲しみは、少しでも減らした方が良いと思うからです。


ですので、思い出が増えた時には、悲しみも増えたと、感じてしまうのです。


友人を自殺で失ったことと自分

私自身、友人を数人亡くしています。

病気であったり事故であったり。

その人たちとの時間はなんだったんだろうと、それほど親しい仲でなかったとしても、暗闇が落ちるのです。

特に自殺においては、自分がとめることができなかったこと、頼られなかったことなど、生き残った人にすら失望感を与えます。

ですので、実生活において、できるだけ人とは仲良くしない。
思い出を作らない。
関わらない。

いつもそのことを念頭にいれつつ、世界を今以上広げないように。
そんな気持ちで過ごしていました。

ブログを書き始めてわかった自分の気持ち

そんな中で、私はブログを書き始めたのです。

不思議なもので、ブログでの一方的な記事公開に反応があった時。
とてもうれしく思いました。

つまり、私自身、人との交流を嫌がっているわけではなかったということです。

本当は、明日も明後日も生きていたいのだ。

そういう、自分の気持ちに、自分自身が気づくことができました。


ブログでの距離は、程よく気持ちが良いものです。

それでいて、そこに人がいるという喜びがあるのです。


おかげさまで、体調不良を感じ始めてから時間がたち、病院での治療、休養を重ね、少しずつ元気を取り戻してきています。

2018年のたぬきさんの状況、障害年金の受給、退職

ブログを始めたころに申請した障害年金についても、申請が通り、夏ころには職場を退職することとなりました。
高卒で就職した公務員の仕事です。
18歳の時から、18年在籍していました。
人生の大半が、空っぽになった、そんな気持ちがありますが、また一つ人との関係に整理がついたと落ち着いた気持ちもあります。


今年は、本当に多くのことがありました。

それでも、唯一変わらなかった、生きてこれたことをうれしく思います。

そして、思う以上に人は優しく、生きてていいよという環境が周りにあります。


人生を辞めたいという気持ちについて

私のように、もう人生を辞めたいという気持ちの時。
なかなか理解はできないとは思うのですが。
その気持ちを制止するものが、本当にありません。

親がいようと、家族がいようと、です。

一つの欲、のようなもので。

もう何か月も食べていない。
そんな気持ちで生きているのです。

食べたい、でも食べたら死ぬ、そんな状況です。


死にたいなんて言うな、生きれなかった人もいるのに。
そんな声は脳内でいつも鳴り響きます。

食べたいと思うな、食べれない人もいるのに、、ということでしょうか。

食べたいと思うな、綺麗だと思うな、うれしいと思うな、悲しいと思うな。
できますか?無理です。
感情は、思いは、無意識に出てくるのです。


しかし、食べたいと思うな、というのは無理ですが、行動として食べないということはできます。


目の前に食べ物を置かない、気を紛らわせる、イメージで食べる。
そんな風にごまかしていくのではないでしょうか。


私の場合、薬で感情を抑える、そして自分への刺激を減らす、とにかく発作的に行動しない。
やはり子供にとって母親がいなくなるのは辛いでしょう。
それはわかるのです。
なので、いなくなったらどれだけ辛い思いをするだろうか、一生懸命イメージします。
そうやって、生きなくてはと気持ちを紛らわせるのです。
ほかに、災害の動画、病気で亡くなった人の動画。
そういうものを観て、いかに生きていることがありがたいのか。
それを何とか自分に教え込ませて、何とか生きなさいと、自分を説得する。


そうやって毎日戦っています。

病気だからできることもある

しかし、逆に言えば。
もう人生は終わり、と思うからこそ行動できることもあります。

家を出るのも辛い私が、この秋には子供をつれて大阪市内まで行きました。

どうせここで終わるのならば、少しでも楽しもう。
ふとそう思えることがあるのです。
楽しもうと思う自分の気持ちが出たら、それを叶えてあげたいと思うのです。

感情は動いています。

自分の中の一瞬の意欲と、一瞬の体調の良さをつかんで飛び出しました。
事前に撮影券ももらわなくてはならなかったので、二回行きました。
もう体調との賭けのようなものです。
当日はいけないかもしれない、それをわかって挑みました。

www.tanuki3838.work

観ていただければわかるとおり、とても楽しかったみたいです(^^)

薬もあって記憶力が極端に落ちています。
昨日のことも遠い過去のように感じます。
もしブログを書いていなかったら、こんな楽しそうな記憶も多く忘れていたでしょう。

これが最後かもしれないと、嬉しいやら辛いやらの気持ちだったことは覚えています。


その行動で、欲しいものができて、観たいもの、行きたいところ、やりたいことが次々に出てきました。
特に動画を見て泣くことも、私には信じられないことでした。
自分では感じなくても、感情は確かにそこにあるということが分かりました。

私の中に、意欲や感情が戻ってきているのがうれしくて仕方ありません。
趣味って大事なんだなと、実感しているところです。

いつか人と会うための練習

最近、鏡の中の自分が、あまりに無表情であることに気が付き、最近では口角を上げる練習をしています。
多少、人に会う時にも笑顔になれるように。
あまりに引きこもっていて顔の筋肉も落ちているのです。

笑顔の練習を。
自分の世界を広げて、いつか会う人がいるかもしれませんから(^^)

友人が欲しいという幻想と子供たち

話変わって。
昔から、気の合う友人が欲しいという幻想がありました。
そばに友人がいても、友達がいない欲しいと思うような失礼な人間でした。

自分のことを知られたくないという気持ちが強かったため、自分の思うような友人などできるはずがなかったのです。

それが、大人になり子供ができ。

今、子供が私の理想の友人としてそばにいます。
絶対的な信頼関係。
今後どう子供たちが育ち、どんなことがあるかわかりませんが、私にとって子供たちはかけがえのないものです。
そんな子供たちを残して、去りたいっていう。
私の脳みそはどうなっているのか説明してほしい。

先ほどの例でいえば、子供の前でお腹がすくのをどうにかしたいっていう、無茶な話なんですけど。
いつかは子供より先には死にたいですが、今はもう少し、生きていたっていいじゃないですか。
どうしたら、お腹がすかないようになるのか、教えてもらいたいものです。


子供たちの未来は明るいのでしょうか。
こんな私の子供でいて幸せなのでしょうか。
もしかしたら生んだことは罪なことだったのかもしれない。
そんなことも思います。

お母さんが死んだあとの世界を見せたくない、楽しい思い出で終わらせてあげたい。
そんな気持ちで、子供と無理心中していくお母さんの気持ちが少しわかるのです。
でも、やはり、それ以外の、道を選べるように、そういうお母さんがいたら、手を差し伸べられたら、とか、こんな私でも思ったりもします。
子供を残して、自分だけで死ぬのは、本当に困難です。
どこかへ消えることも難しい。
どうすればだれも悲しまずに、自分を消せるのか。
本気で考えても、本当に難しい。


私には両親もいます。
こんな風に、考えてしまうことを両親には申し訳なく思います。
もし、自分の子供が死にたがっていたら、それは本当に悲しいことです。
両親を悲しませたくない、という気持ちも、自分を行動に移させない、力になっています。


人を悲しませずに、消えることは難しい

私はできることであれば、皆に見送られて、今までありがとうと言われながら、眠るように消えたいのです。

大丈夫、そんな気持ちが起こるのも病気せいだってわかってる。

双極性障害を患っている人の、20年後の自殺率は6%だそうです。
1万人のうち600人。

正直、94%も残っているのが不思議なくらい大変な病気です。


鬱なときは消えたい。
躁のときは極端に死が怖く怒りや悲しみに暮れる。
そこに体調の波があって。
鬱だけど体が動くときがとても危険。

一人にしないでくれって思います。

現在は安定している

先にも書きましたが、今は安定していて、最近ではほぼ寝ているかボーっとしています(^^)

あと、友達は子供しかいないって感じで書きましたが、私も大人になってから友達を友達と思えるようになりました。
昔はほんとにひどかったなと思います^^;


今までもこれからも、心を支えてくれる存在

そういえば、体調が悪い時でも唯一、趣味というか好きなものがあります。

f:id:tanuki3838:20181231030748j:plain

眠いのに起きてきて横で座っている。

心の支えと言いますか、元々趣味というものがなかった私に、初めて好きだといえたのが猫でした。
中学生の頃に猫を飼い始めて、そこからです。

猫を通して自分が形成されたと言ってもいい。

猫がいなければ私ではないし、猫が私と言ってもいい。


このブログの収益を猫のごはん代にっていうのも、私が生きるのは猫と共にっていう気持ちもこもっています。


世の中の、不幸な猫ちゃんが少しでも減ってほしい。
寒空の猫ちゃんにご飯と暖かい場所を用意したい。

そう思いつつ。

猫へのえさやりは推奨されていませんし、猫嫌いの方も多い。

猫のため、と言いつつ自分のためであるっていう自覚もある。

そういえば、昔、死んだ猫ちゃんの死体を取りに行く仕事もしていました。
猫が好きだからです。

可愛いから好きだという程度の気持ちではないのです。

でも、実際には、自分の体すら、こんな状態で。

家族もいますし、金銭的に体力的に、問題がなかったとしても、私には家の周りの外猫ちゃんすら、助けてあげれません。

うちの猫は、元野良猫で。
シャーシャー威嚇している成猫で。
猫エイズで。
貰い手のいない保護猫でした。

そういう猫こそ私にはふさわしい気がします。
助けている気がするからです。
全部自分のためです。
自分の家の猫ちゃんはせめて幸せに。

これからもよろしく

猫パワーをもらいつつ、子供たちの成長を見守りつつ。

来年も、年末を迎えることが目標です。


・・・・・・・・・・・

あとがき

重くなりすぎました^^;

役に立とう立とうって公務員になって、自分ならやれるって。
頑張ってたら体調崩しちゃって。

ほんとこんな人生になるとは思ってもみませんでした。
ほんま、みんな年金払うんやで。

意識ははっきりしてますし、体調が今日程度に良ければ文字も打てますし。

体調を維持すること。
何とか自分で稼ぐシステムを作ること。

ストレスかけずに、なんかできることあるんじゃないかって、意欲のある部分の自分が言ってる。


何事もぼちぼちほどほどで、生きてく☆


体調の話や、年金の話など、別ブログを作って書こうかとも思いましたが、、、来年からこのブログで書いていくのも良いかもね。
正直、アクセスとかを取りに行くなら特化ブログ(病気だけ、年金だけ)にしていくのが良いんやろうけど、、、難しいところです。



最後にこんな重い話ぶちこんでごめんなさいね。
たまにはいいでしょ(^^)どうでした?
感想いただけると嬉しいです。



私で良ければ力になれるかもしれない

昨日は、実際の友達から体調や年金の相談メールを受けていました。
普段元気そうにやり取りしていたんですが、私の体調や年金の話を伝えたら、向こうも実は、と。
意外と、周りにしんどい方いるのかもしれません。

しんどい時に吐き出し先が無かったら、時々メールが来る問い合わせ先、tanuki383838@yahoo.co.jp っていうメールが私にもあるので、めっちゃ今しんどいってメールくれたら、必ず読みます(^^)気が向いたら返信します

メールへは名前も何も書かなくていいんで、辛い時に何でも投げてくれたらいいよ(^^)


ツイッターのDMも解放しています(^^)



精神の障害年金について、答えていけるようにもしていきたいと思います。
あれめっちゃ複雑やねん、ほんま。
自力で申請したけど一年かかるよ。



びっくりした人もいるでしょうか。
病んでるって言ったらちょっと怖がる人もいるかもしれないけど、人付き合いは普通です。
寝ててもメールできるしね☆
ちょっと電話にでないことあるけど^^;
合ったら意外と普通なたぬきさんを今後もよろしくお願いいたします。
ここまで読んでくれてありがとう最高大好き

今年はありがとう(^^)良い年でした
皆様にとって来年も良い年になることを祈っています。良いお年を☆




このブログ内の広告による収益は、うちの猫のごはん代としますฅ•ω•ฅありがとうにゃー♡